第56回障害者作品展示会

  1.   >  
  2.   >  第56回障害者作品展示会

※2021年度は終了しました。次回2022年度作品展も開催予定です。お待ちください。

第56回名古屋市障害者作品展示会のページです。

お知らせ

名古屋市障害者作品展示会とは

名古屋市と名身連の共催事業で、市内在住在勤の障害のある人から応募のあった作品をすべて展示する公募展です。今年で56回目をむかえ、毎年300名以上の方から出品があります。

名身連は昭和24年に当事者団体としてスタートし、代々の会員や職員が作品募集から搬入、点字、授賞式まで、協力して手がけてきました。

名古屋市長賞をはじめ、名古屋市の事業団とテレビ局から提供を受けた各賞が授与されます。

バーチャル作品展とは

平成30年度から開始した名身連の独自事業です。

展示会終了後、出品者の許可を得た作品を名身連ホームページで公開しています。作品を展示した状態で会場をパノラマ撮影することで、会期中の雰囲気をそのまま楽しむことができます。

令和元年度に新たに設置したギャラリーには高画質の作品写真を掲載し、一点一点じっくり鑑賞することも。折しもコロナ禍のなか、ステイホームで楽しめる作品展のニーズは高まっています。

バーチャル作品展は展示会終了後準備ができ次第公開され、次年度の展示会まで名身連ホームページで公開されます。以下のリンクからご覧ください。

バーチャル作品展にようこそ

第56回名古屋市障害者作品展示会概要

開催期間

令和4年2月8日(火)から2月13日(日)までの6日間

開催場所

名古屋市博物館(アクセス

お問い合わせ先

名身連事務局(〒456-0022熱田区横田二丁目4番16号)
電話:052-682-0878
FAX:052-671-3124
メール:jimukyoku@meishinren.or.jp